シフォンの気持ち
2005年の年末に乳がんの告知。30代・独身・一人暮らし、いろいろな不安は尽きないのですが、自分の気持ちを綴りながら、毎日を楽しく過ごしていけたらいいなぁと思っています。

プロフィール

シフォンケーキ

Author:シフォンケーキ
36歳独身一人暮らし、ある日突然の乳がん宣告。
なんで私が?という思いは消えないものの、支えてくれる人のありがたみを感じながら生活する今日この頃です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



クッククロック



ウリボー お花キャッチゲーム



ブログペット



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



お天気予報



リンク

このブログをリンクに追加する



生きる言葉



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


独り言

早いもので今年ももう5月・・月日が経つのは早いです(^_^;)
特に変わりもなく、毎日平穏無事に忙しく過ごしています(^^)

最近若干煮詰まり気味で・・・
何処にも言う場所がないので、ちょっとだけこぼしてみたくなってしまいました(・_・;)

でも体調面ではないので全く心配いらないです(^^ゞ
しかも実際の私を知ってる方には「ばっかじゃないの?」と思うようなことなので、読まずにスルーしてください(^_^;)
毎日こんなことばかり考えてるわけじゃないし^^;仕事もきっちりやってるし、遊びに行けば楽しく過ごしてるし、毎日の生活は全く問題ないのですが、ちょっとだけちょっとだけ溜まってしまったものを吐き出したら気分が軽くなるかな?って。

書いておいて読まないでって矛盾してますが(・_・;)ホントにつまらない単なる独り言なので読まないでスルーしてください^_^;。
「王様の耳はロバの耳?」って穴に叫ぶようなものかな?
(しかも超長文・・)





乳がん手術から今年で4年目、体調も安定しているし、生活も元通り。
自由に出かけられて、好きなものを食べられて、働いて自立した生活ができて、
大きな病を経て、本当だったら謙虚に、毎日元気に過ごしていることに感謝して、生きているだけで幸せで、これ以上何も望む必要のないくらいの生活をさせてもらってると思っているし、本当にありがたいと思っている。
それは充分にわかっているつもりなのだけど、生活が元に戻ると、大きな病を経て感じたことを忘れてしまったかのように、また欲深くなり、いろんなものを望んでしまうのは私のダメなところ。

子供の頃からの夢はたった一つ、TVドラマに出てくるようなごくごく普通の家庭。
お金持ちでなくてもいいから、中流?くらいの可愛いお家で、家族が仲良しで、みんなで朝ごはんを食べたり、週末に出かけたり、犬を飼ったり^^;
本当にたったこれだけだったのに、これってそんなに難しい夢だったのかな・・
子供の頃は、大人になったらあたり前のように叶えられると思っていたけど、
40年叶わなかったんだから、私には難しかったのかもなーと今更にして実感。。

なんでこんな夢に執着していたのか・・
大人になって思えば我が家もごく普通の家庭だったとは思いますが、子供の頃はイヤでイヤで、友達の話が羨ましくて、私は自分の家の話をしない子だったと思います。
物心つく前、大事に育ててもらっていたと、写真などで感じることはできるのですが、実際の記憶では小学生くらいからの記憶しかなくて、一番覚えているのは、1年生くらいの時、朝起きたらガス臭く、兄を呼んで母の部屋に入り、母に事情を聞いても放っておけと怒られ、異様な空気の中で、兄が父の会社に電話をしている場面。
しばらく東京の病院に入院し、退院してからしばらくは穏やかな生活があったとは思いますが、たぶん30年前は今ほど精神病に対する認識も浅く、病院や薬が今ほどよくなかったのでしょう、副作用も強く、症状も安定せず、イライラしたり、眠れなかったり、母に対してはヒステリックなイメージしかなかったように思います。
(歳は今の私と同じくらいだったはずなのに、老けた印象で何故か玄関に掛けてあった鬼のお面を思い出してしまう・・)
朝は勝手に起きて学校へ行き、運動会に父の作った可愛くないお弁当を食べ、母はイライラして安給料でお金がないと言い、家族で笑い会ったり、出かけたり、外食したり、あまり記憶がない。
兄は私以上に子供の頃影響を受けていたのか、優しいけど地味でオタクっぽい雰囲気?に育ち、妹としてはあまり話すこともなく、私は子供ながらに家族と距離を置いていたかもしれません。
家の中も病気のせいだとは思いますが、掃除も行き届かず、凝った料理もできず、今思えば、そんな体調の中で充分に家のことをしてもらっていたと心から感謝してますが、子供の頃は何となくイヤだったのでしょう。
働けるようになったら、家を出て自分の想う家に住みたいと、ずっと思っていたように思います。
私が就職して数年経ったころ、症状が再度悪化し、毎日幻覚幻聴に悩まされるようになり、会社から帰ると母の支離滅裂な話を聞き、ある日、チェーンを掛けられて中に入れず、中から犬の声だけが聞こえ、家の塀をよじ登り兄の部屋の窓から中に入ると、空になった睡眠薬のビンの横で眠っている母がいました。救急車を呼び処置してもらいましたが、幸い市販の睡眠薬は、病院処方のものよりも弱く、大量に飲んでも命に別状はありません。その後は病院を変え、今の病院は薬も弱く、副作用も少ないようで、症状も安定し、あまりイライラすることもなく、穏やかに過ごせていると思います。

決して裕福ではない中で、両親は一切贅沢をしない人で、自分たちの道楽に一切お金を掛けず、地道に生活をし、大学まで出してもらい普通に育ててもらったこと、今は本当に感謝しています。
私は子供だったけれど、母も父も恐らくとても辛い思いで生きてきたのだろうと思います。

両親のお陰で学校も出れたし、大手企業にも就職でき、順風満帆、ここからは自分の努力次第だったはず・・
でも私の夢はキャリアを積むよりも、いつも家庭に対する想いのようなものがベースにあって。
そんな気持ちとは裏腹に、学生時代から付き合っていた彼とも、その後お付き合いした人とも何故か家庭を築くことができず・・
そんなこんなで理想の家庭像のようなものに気持ちが先走ってしまい(・_・;)家を買ってしまったり、犬を飼ったり、独りでできることを先にしてしまったことが逆にいけなかったのかもしれません(T_T)
前の彼とも7年待ちました。特に喧嘩をしたりということもなく優しい人でしたが、何故か家族にはなれなかった。結局気持ちが煮詰まってしまって別れを切り出しました。
たぶん、そのときの人は、若干家庭環境に問題があり、孤独で、もしかしたら家庭というものを知らなかったのかもしれないです。
今の彼とも今年で7年目。今の彼は付き合い始めた当初から、家で一緒に料理をしたり、どちらかというと家庭的な付き合いを望む人で、私が育った家で味わえなかった何かを感じさせてくれ、とても嬉しかった気がします。
付き合い始めた頃(32歳くらい?)このまま普通に家庭を持ち、今頃は2人くらい子供がいて・・なんて思い描いていたような気がします。
ウチは女性の一人暮らしとはいえ、家も設備も何故か普通の家族が生活できるくらいのものが揃っていて(・_・;)、愛犬が居て、私が思い描く家庭をもつために足りないものは、信頼できる「家族」の存在だけ、だったはず。。
彼は自分の家族をとても大切にする人で、会社の上司や後輩やお客様に対する考え方も義理堅くて、そういう意味ではとても共感できたし安心できたのですが、付き合い始めて1年2年・・と過ぎていくうち、何を考えているのか、私には全くわからなくなってしまいました。。
私の両親が心配してるので来てほしいといっても困った顔で黙ってしまう。。
(毎年大晦日にはウチで一緒に過ごすのですが、1日には彼を家の前まで送ってから、私は一人で実家に帰ります・・)
私の家族に対しては、考えてはもらえないんだなーと、寂しい気持ちになります。(赤の他人だから仕方ないけど、私の親に対しても同じように思ってくれる人ならどんなに嬉しかっただろう・・)
私の家は彼の会社の近くで彼も仕事が遅いので泊まることが多いのですが、最初の頃は私もはりきっていたのかな^^;(当時は結婚するまでのことだから、なんて軽く考えていたかも・・)
仕事帰りに買い物をして食事を作り、会社の近くに車で迎えに行き、食事をしたら後片付けして、朝は先に起きてお風呂を沸かし、簡単な朝食を食べ、車で送っていき、戻ってから大急ぎで洗面やお風呂の掃除をしたり洗濯物を干したりベッドの掃除をしたりして、会社まで走っていく、みたいな・・(いっぱいいっぱいでしたが毎日ではないのでできたのかも)
それでも苦痛ということはなく、そんな奥さんみたいな仕事をするのも当時は楽しかったかな。
日用品を買い換えたり、季節ごとに布団を入れ替えたり、掃除をしたり、家事をしたり食材の買い物をしたりするのも、あてつけになったら悪いので、できるだけ彼のいないところでするようにしていたかも。
一人暮らしをしたことがない人なので、私の生活費とかには関心ないみたいで、一緒にスーパーに買い物に行っても、ウチのものだから買うのは私・・あたりまえのことだけど、他人なんだなーと寂しくなったり。
彼は私の家に泊まることを、家の人に何て言っているのか未だに聞けませんが(・_・;)当時は連泊はまずかったようで、どうしても帰らないといけない時はよくC県まで夜中に送っていったり、外食も通常は私が車で迎えに行って出かけるので、そのまま家まで送って、私は夜中の1時2時に独りで車を走らせ帰宅。この独りで家に帰るときが結構寂しかった気がします。途中眠くて路肩に停めて寝ていたらお巡りさんに注意されたり、帰りに事故で死んでも彼は家族じゃないし、私の家族も友達とも会ったこともないし、きっと何日も気付かないんだろうなとか変な想像をしてみたり。。(これも当時は一緒に暮らすまでのことと軽く考えていたかも・・)
彼の家の方まで送っていくときや、私が彼の家の方まで車で行き、彼の車に乗り換えて出かけるときも、家から少し離れた所に停めたり、そんなに私は家族に知られたくない存在なのかと悲しくなったり。。
彼は前もって約束するのは苦手なようで、いつも急に連絡が来ます。仕事が終るのもまちまちで大抵遅く、9時10時過ぎに食事に誘われたり、今日は行くよと連絡が入ったり、遅くまで連絡がないと思うともう家に帰っていたり、私は、待っててくれと言われたわけではないけど、いつでも予定を合わせられるように洋服のまま夜中まで食事もせずに待ってることが多かったように思います(バカですね・・)
こんなことばかり言ってると、ただの都合のいい女みたいですが(・_・;)、一緒にいると楽しいことがたくさんあったし、居心地よく思えることの方が多かったのです。
旅行先で見るもの食べるもの、行きたいところ、感じること、価値観が近く、私の好きなものもよく知っててくれるので、行き先をお任せしてても本当に楽しいと思えます^^。
食事に行くお店、食べる量とかタイミングとか、長く一緒にいるからかもしれないけど、こういう居心地の良さは、彼も同じように感じてくれていると思います。
(たぶん、他の人と付き合っても、そう簡単には得られないものかも・・)
一緒に居るときの感覚というか・・一番大切な部分が合うから一緒にいたいと思えるのかもしれません。だからこそ、なぜ家族にはなれないのか理解に苦しむところでした。。
女性の体は一般的に35歳を過ぎると年々妊娠する確率が激減していくと言われているので、そんなニュアンスのことを泣いて訴えたりしても、結婚に関わるようなことを言うと、黙ってしまって正面から向き合ってもらえず、どう考えているかもわからず、私はひとりで悩むようになりました。
(結婚したくない男性側の立場からみると、かなりウザイ女です(・_・;))
でも、私にとってはどうしても譲れない夢だったから・・
結婚のことに触れさえしなければ、一緒にいて楽しかったし価値観も近く全く問題なかったので、別れたくはなかったのですが、こんままでは子供が産めなくなってしまうことを思い悩んで結婚相談所に入ろうと母と準備をしていたことも・・
そんな中、36歳で乳がんの手術をすることに・・。

私が癌患者になってショックだったのは、「癌になった」ことではなく、「人生の夢が叶わなくなった」ことだったように思います。
病院で独りで告知を受けましたが、まだ癌がどんなものかも全くわからず、ただ「これで結婚も子供も無理なのかなー」と悲しくなりました。
帰るたびに孫を切望する両親を悲しませたくなかったので親には言わず、癌になったことを話せるのは今の彼だけだったので、その時はどうしても傍に居て欲しかった。
こんな歳で癌患者になって、もしかしたら彼も離れていってしまうのかなと思ったりもしましたが、結果的にずっと傍にいてくれたことは本当に感謝しています。
心配は掛けたくなかったので、治療中もほとんど実家には帰らずにいましたが、彼が居てくれたお陰で乗り切れたんだと思っています。
親にも見せられないことも、痛々しい傷を負った胸、放射線のしるしだらけの焼けた真っ黒な胸、帽子だけで眉毛もない顔・・彼には全てを見せてきました(さすがにハゲ頭だけは誰にも見せませんでしたが^^;)
脱毛のときだけは独りで淡々と処理をしていた気がします。。(あまり感傷的になるのもよくない気がして、黙々と髪を抜いては片付け、最期はカミソリで剃ってしまいました(・_・;))
彼は病気のことや治療のことには何も言わず、それまでと何も変わらず接してくれました。
病院で旦那さんが付き添ってる人を見たりすると、時には、病気に全く関心を持ってもらえないことにちょっとがっかりすることもありましたが、今思えば、むしろ変わらないでいてくれたことが良かったように思います。
過保護にされることもなく、逆に外に連れ出してくれ、ヅラでもいろんな所に遊びに出かけました。
辛いことは忘れてしまっているのかもしれませんが^^;幸せだったような気がします。
卵巣機能廃絶の副作用がある抗癌剤を決め、子供ができなくなるかもしれないと話した時、初めて子供の話に正面から向き合って話してくれたことも、とても嬉かったように思います(病の前ならもっとよかったのでしょうけど(・_・;))
治療はそんなに強い副作用もなかったこともあり、あまり辛い記憶もないのは、彼が居てくれたお陰かもしれません。本当に感謝しています。

そして3年が過ぎ、髪も伸び、見た目の支障もなくなったように思います。
仕事は以前より忙しくなり、私自身も、彼も、会社の人も、大病をしたことすら忘れてしまっていると思います。
(本当はもっと健康に気を使わないといけないはずですが・・^_^;)
生活はすっか元通り。でも私も彼も仕事は以前より忙しくなり、すれ違いが増えました。
私も残業が増え、帰ると疲れて横になってしまったりして、以前のようにいろいろやってあげられなくなったと思います。
C県まで送っていくことも今はほとんどなくなりました。
食事の支度をすることも、迎えに行くことも、かなり少なくなったと思います。
お風呂も流してあがってもらったり、朝もバスで行ってもらうようになりました。
忙しくなって疲れてしまうこともあるし、全く将来の話ができない関係に、精神的なモチベーションが下がってしまったのかもしれません。。
望まれてもいないのに、奥さんのようなことをしても、かえって虚しくなってしまう・・
私がこれからの人生をいっしょに作っていくために、お互いの考えを話し合いたいと思っていると伝えても、困った顔で黙り込むだけで。
嫌なら嫌で言えばいいと思うし、今の宙ぶらりんな状態は、私にとっては自分の人生の目標も立てられず、四方ふさがりでどこにも出口がなく、追い込まれた気持ちになります。
何を考えているのか、全くわからず不安になるばかり。

治療が終ってしばらくした頃、ある日突然「他の女性と結婚するから別れて」と言われました。
私にとっては寝耳に水のような話でしばらくは信じられずに呆然としてしまいましたが、その時は一旦諦めたものの、結果彼はすぐ戻ってくることに・・。彼女と何があったのか説明もしてもらえないまま。。
消化不良のような気持ちでしたが、戻って来てくれた後の彼の態度に安心し、忘れようと思いました。
他に好きな人ができるのは仕方のないこと。でも、思い起こせば、あの時の話は全くのウソだったのだと、ウソを付ける人なんだと思ったことが一番のショックでした。
弟さんと出かけたはずのシンガポールの話や、彼女が後輩の元妻で後輩の再婚の話をもし会ったときにどうしようかなどと、笑って話していた光景が忘れられない・・。彼が付き合っていることも知らずに、「その娘も幸せだといいね」なんて心配した私が滑稽で。
普段は全く忘れてしまっているし、一緒にいる時は何でもないのですが、たぶんトラウマになっているのでしょう、時々独りでいると悲しい気持ちが蘇ってきてしまう。
自分でもいつまで忘れられないのかと思いますが、心の傷は思ったより深かったようです・・。
気持ちが安心できる状況であればそんなこともなくなるのでしょうけど、結婚もしたがらない、何を考えているのかさえわからないような彼の態度に余計不安になるのかもしれません。

仕事の邪魔になると悪いので夜中までは連絡しないようにしているのですが、昨夜は2時になっても連絡が取れず、(あとから考えれば何てことはないのですが)悲しい感情がこみ上げてきてしまったり。
ウチに来るときは急に連絡が来て迎えに行ったりすることもあるので、洋服のままホットカーペットの上で朝になってしまいました(本当にバカですね)
夜中に何度も電話したりして、自分で考えても本当にウザイ女です(T_T)

自分で自分が嫌になります。
将来のことを考えない彼の態度に不安だけが増して、心が疲れてしまったのかもしれません。。
家庭を持つことは夢だけど、別に「結婚」がしたいのではなくて、お互いがそう思えるくらいの信頼関係があれば不安になることもなくなるのでしょうけど、彼にとって私はそれほど必要な存在じゃないのが残念です。
週の半分くらい一緒に暮らしているようなものなのに、泊りには来ても、家族になる必要はなくて、他の人とも付き合えるように自由でいたいのかもしれないけど。
別れてしまったら気持ちがラクになるのかなーなんて考えてしまったり・・
彼が決断できないのは私が癌患者だからなのか、子供を生める可能性が低いからなのか、わかりません。。
前に子供が欲しいようなことも言っていました。
それなら私はこんな歳なので、少しでも早い方がいいと思うのですが、私ではダメということなんだよね。
私にとっては、せっかく元気になった身体、生理も戻り、彼が望んでくれるのであれば、子供を持つ夢も諦めたくはなかったのです。。(結果的にダメだったのなら、諦められると思います・・)
生き急ぐというわけではないけど・・、今の体調は問題ないですが、癌が治ったとお墨付きがあるわけではないので、彼にその気があるのであれば、少しでも早く夢を叶えて人生を送りたいと願うのですが、彼はそう思ってはくれません。。
家族にはなりたくないんだよね?と聞いても、「そんなことは言ってない」って。(でも「なりたい」とは絶対に言わないから同じことだと思うけど・・)
私の人間性に問題があるのかもしれません。。
別れてあげた方が彼の幸せのためなのかもしれないって思うことも・・
年老いた両親を少しでも安心させてあげたかったけど、彼の人生は私のものではないし、仕方ないです。
私には家族になりたいと思えないような、足りないところがあったのでしょう。


家族やマイホームに対するコンプレックス、学生の頃から20年以上願っても叶わなかったということは、私に家庭を持つ資格はないって神様が言っているような気がします・・。

このところ私が言えば言うほど彼は引いていく気がします。
私も本当はウザイ女が嫌いなので言いたくはないのだけど、不安でたまらなくなるとつい・・。

モモと3人で過ごした時間は本当に家族のようで楽しかったし、そんな風にモモや子供と暮らす日が来るのかもなんてつい錯覚してしまったけど、それでも彼にとって私は家族にはなれないらしい。
一緒に出かけたりすると、自然の多いところや好きなものも似てるので、人生の楽園に出てくるような夫婦になれそうな気がしてしまうけど、本当に彼の気持ちはわからないことだらけで。
何が嫌なのか、言ってもらった方がよっぽど気持ちがラクになるのに。


本当は、毎日笑って過ごしたい。

彼の気持ちが変わらないのであれば、私が気持ちを切り替えるしかないのですよね。
彼がいなくても平気になれるように。
もう泣くのはやめよう(泣いてた自分もバカみたいだとわかってはいるけど(・_・;)
本当は独りでも平気だったはずなのに、ちょっと夢をみてしまったせいで、期待し過ぎてしまったのかもしれません。
最近の私は、思うように夢が叶わなくて、駄々をこねる子供のようにジタバタしてしまったのかも。

いくら伝えようとしても、彼の心には響かないし。
私の心が限界になって壊れてしまう前に、彼に依存しないで済むよう自分を変えていかないと。
彼との距離感、苦しくなったらいつ別れても大丈夫なように、自分の中で少し変えられれば悲しく思わなくなるかも。

もうダメだと思ったときには、笑ってさよならと今までの感謝の気持ちが言えるように。

でも、彼と行く旅行はとても楽しかったので、もう一度行きたいかな。

こんなに長文になって、私って本当に暗いですね。。
でも病気の悩みじゃないし、前向きに考えないと!

こうやって自分自身を見つめなおしてみると、我ながらこんなことでグジグジ悩むなんて(・_・;)と思います^^;
彼に対しても少し冷静に考えられるようになった気がします。
今まで思い悩んだりしたときに、私は気持ちをぶつけようと努力してきたけど、彼は自分の考えをあまり口に出さないし、都合の悪いことはいつも黙ってしまう・・。
もし一緒になったとしても、きっとこんな歯がゆい思いを繰り返すことになるのかもしれないって思います。。
私の家族に何か困ったことがあったとしても、関心を持ってもらえないような気もします・・。
何でも話し合える関係ならよかったのに。。
今まで大きな山もいくつかあって、2人で乗り越えてきたけど、彼がこのまま変わらないのであれば、仕方ない。。
彼だって、私以外の人と一緒になったとしても、同じように居心地がいい関係を築くまでには相当努力が必要だと思う。
私だって努力してきたもん。。

毎日こんなこと考えてるわけじゃないし、誰にも言えない気持ち、ちょっとだけ吐き出させてもらったので、明日から気持ちを切り替えて頑張ろう(^?^)

うん、頑張ろう(^?^)

(万が一これを読んでしまった方は、忘れてください。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

虫の知らせかな・・・???

シフォンさん、どうしてるかな~?まあブログは更新されてないだろうけど・・・と、思ってきてみると、長文記事でした。読んだ方は忘れてくださいとのことなので、あえて、記事のコメントは差し控えますが・・・・。

シフォンさんは、もっと自分に自信を持っていい方だと思いますよ~。きれいで、人あたりが柔らかくて、大人の分別もあって、素敵な方です。本当にそう思っています。彼が変わるのを待つより、シフォンさんが変わるほうが、何かが動き出すような気がします。踏みだしてみると、意外とスッキリするかも??

♪しあわせは歩いてこない、だから歩いていくんだよ~1日1歩、3日で3歩。3歩進んで2歩下がる~(By 365歩のマーチ)

王様の耳はロバの耳~私もよく叫んでいます。
【2009/05/19 21:07】 URL | さくらたん #-[ 編集]

さくらたん、ありがと~v-281i-196
既にレスとは言えないタイミングで、しかもレスじゃなくて追加のプチ独り言です(^_^;)
あ、またバカみたいなことなので、コメント不要です(汗)
またただの「王様の耳はロバの耳」ですし(・_・;)
昨日またやってしまいまして・・・。。
付き合ってから長年、飲みこんできたNGワードの一つを言ってしまい・・。
「私の家に泊まるって家の人に何て言ってるの・・?」
最近は私が仕事で疲れているので少なくなりましたが、週の半分くらいはウチで過ごすことが多く、半同棲とまでは言わないけど、基本的に私は二人分で買い物したり、家の中のものも二人で使えるような状態にしているつもりです。
彼はずっと自宅暮らしですが、こんなに頻繁に外泊する状態って、ウチの親なら気にするだろうと思うので、ずーっとずーっと気になっていたのですが、否定されるのが怖くて聞けなかった・・。
で、ついに言ってしまったのですが、彼は困った顔でやっぱり黙ってしまい・・。
そうかな~とは思っていたけど、ちょっとは期待する気持ちもあったり、かなり思い切って聞いたつもりでしたが、その瞬間に、あ、やっぱりウチに泊まるとは言ってないんだってわかってしまい・・。私の存在すら言ってないかもな~って。7年間これだけしょっちゅう外泊してたら普通の親なら気にするだろうと・・。たぶん仕事の関係のウソになってるのかも・・。
私のことがウソだと思ったら、自分の存在まで否定されたような気持ちになってひどく凹んでしまい・・どうしていいかわからなくて、夜中なのについフラフラと外に出てしまって・・。
なんかボーっとしながら歩き回っているうちに、頭の中でいろんな気持ちがグルグル回って、でもそのうちだんだん落ち着いてきて、気がついたら1時間くらい経ってたかな。家に戻ったら鍵がしまっていて(鍵持って出なかった)彼を探しにまたフラフラ歩いて、携帯も持ってなかったので、やっと公衆電話を探して電話をしたら、かなり怒った感じで「俺が出て行くから。鍵は置いておくから」と・・。
慌てて帰ってもいなくて、追いかけて謝っても、怒った顔でただ出て行くと言うだけだし・・。
なんでかな。私がたまに爆発しても、彼は黙るだけなのが私にはいつももどかしいのです。私としてはケンカしても構わないから、ちゃんと話し合って気持ちを消化させたいんですけど・・。
こんなことは過去にも何度もやってるしわかってることなんですけどね(・_・;)
今回のこともそうだし、返事が返ってこないのおがわかっているんだから、飲み込んでる気持ちがあっても、私も言わなきゃいいのに(・_・;)
その手の言葉(結婚とか子供とか経済的なこととか何か人生設計的なことかな?)さえ言わなければ、毎日は円満で楽しい生活が続いていくだけなのにね。
わかってたんだけどね・・(^_^;)
やっぱり一人になるのは寂しくてダメなんだな。
頑張って働いて、生活の基盤は自分でしっかり立てて、一緒に旅行に行ったりおいしいものを食べたりしながら毎日楽しく笑って過ごせて、それで充分なはずなのに。
モヤモヤした気持ちがあっても飲み込んだままにしておく方が結果的にはいいみたいだし。
今回のことはもう忘れて、またいつも通り笑って過ごそう(^-^)
もう仕事も忙しいし、余計なこと考えてる場合じゃないしね(^^ゞ
今日から7月、夏休み取れるといいな~(^_^;)
頑張ろう(^-^)
コメント蘭なのに・・ただの独り言でした(・_・;)
【2009/07/01 05:54】 URL | シフォン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://chiffoncake131.blog66.fc2.com/tb.php/99-c8cd7975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


乳がんRing
Back Next Random List

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。